2020年4月28日火曜日

「授業目的公衆送信補償金制度」が4月28日にスタートしました

ICTを活用した教育を推進する「授業目的公衆送信補償金制度」が4月28日にスタートしました。この制度は、補償金を支払うことによって授業の目的で必要と認められる範囲の著作物を公衆送信することができるものです。スタジオ型の遠隔授業やLMS等の遠隔授業、予習・復習のための著作物等の送信等が対象となります。
https://sartras.or.jp/

また、本制度を利用する際の届出方法についても公開されました。
https://sartras.or.jp/todokede/